ペットロスの治療

22歳と11ヶ月
長生きをしてくれたトンちゃんが
逝って15日

一歩も外界にでることもなかった
トンちゃんだったが
ブログ仲間からたくさんの
お別れの言葉を頂き、
供花までも・・・
23年の思い出の数々に
縛られそうなとき
これがペットロスの前兆?

しかし
トンちゃんが虹の橋を渡る
1週間ほどまえ

首にひどい傷のクロ猫が
我が家に養生にやってきた。
↑リンク

この世話に明け暮れるとき
クロちゃんを
我が家に送り込んだのは
ペットロスになっちゃダメの
トンちゃんのメッセージではないかな
ふと、思ったりしますのは、

ペットロスの治療には
嫌がろうとすぐさまに
世話をさせる子を抱かせてあげることと
聞いたことあるのを、思い出すからです

子ども達が幼いころ
生傷を作れば、素人療法ながら
手当をしてきた消毒をそろえて治療しています

クロちゃんは
なかなか慣れない、というより
心を開かない。

相当の虐待を受けていたからかな
いつも
「痛かったね、大丈夫だよ
元気になるよ」

声掛けをしながら
傷口の治療は、
私のペットロス治療かも(^^♪

終日、狭いゲージのなかでは
可哀想なので、
夜中にゲージを開けておきます。

部屋中を探検しているようで
額縁が落ちたり、本が散乱してたり”(-“”-)”

それでも、なかなか我が家に慣れない
昼間はじっとゲージにうずくまり
厳しい眼で見ているばかり

甘えることをしないが
まったくのノラ猫でないと
思われるのは、
昼間ゲージの中のトイレや食事と
世話をするとき、ノラ猫であれば
一瞬のスキで脱走をするが
それはない

どんな、イジメを受けてきたのか
クロちゃん、お話してごらん

TNR運動にご寄付を
ゆうちょ銀行
記号 14350
番 号 93908171
にゃん太の会