無償のボランティア

毎日毎日で払っています
大阪「のらねこさんの手術室」利用の
「どうぶつ基金」チケットを消化するための
夜更けから早朝とTNR出動が続き
ブログを書く暇がありません。

いえ、私はなんもしませんのにです。
マミたぬき&カリンさんを中心に
TNR作戦実行までは
捕獲器を届ける、引き上げる、
布の洗濯をする、備品の買い物に走る

ルゥ、センリ、梅、スミレ、モモ、ヒロリンさん
よく頑張って、時間をやりくりしながら
走り回ってくれます。
それをサポートしてくれる
トメ、うり、ユウリン、ミモザさん
皆様、本当にありがとうございます

作戦決行の現地では
よく声を掛けられ
会話が始まります。

「大変なお仕事ですねぇご苦労様です」
「いえ、仕事ではありませんよ」
と苦笑します

「元は人に捨てられた罪はない猫たち
増えると言って嫌われ、追い立てられ
餌をもらえない、
餌をやらないからといって減りはしません
過酷な野良生活の野良猫たちの
生きていく厳しさは想像以上です
元はニンゲン、猫に罪はないのに、
小さな命を追い立るは虐待そのもの
不妊手術の徹底で必ずに減って行くのです
人と猫が共存できる環境を作る努力をと、
集まった仲間たちは
まったくのボランティアなのですよ

一応に驚く住民たち、こうして声を掛けて
下さる、関心を持ってくださることから
人と共存できる地域が育っていくと信じ、
丁寧に説明します

あ、今日も朝9時にはマミたぬきさんが
迎えに来まのでこの辺りで切り上げます

老体は引退をしたい!もう疲れた!も
命への眼差しを忘れない若者の熱意には
根負け、その手に引かれながら走ってきます
あ、そうそう
術後のナナちゃんは日に日に元気百倍、

が、怖かったのね、抱っこ魔になっています。

お膝を奪われたフクちゃん、ちょっとがまんしょうね

そして、
トライアルに行ったサリーちゃん情報は
なんと里親様がこのつたないブログを読んで下さり
姉弟のカブちゃんを引き離しては可哀そう
我が家で一緒にと
サリー&カブちゃん一緒のトライアルをと
あったかい手を差し伸べてくださいました

スミレさんちでカブちゃんはイクメン坊ちゃんの
愛情を存分に受けいつも一緒をでした。
それをまたまた引き離すは可哀そうなれど、
家庭猫へのチャンスを逃してはなりません。

しかし覚えているかな〜
の懸念もなんのその、今まで寂しがって
夜泣きしていたサリーちゃんは
「よく来たにゃ〜嬉しい嬉しい」の
カブちゃんを即刻、抱き込んてくれたそうです。

サリー&カブちゃん、
物言えぬ動物たちの、見返りを求めない
無償の愛の交流が、
家庭の中にあったかい風を
送り込んでくれます。
どうかご家族ともども
幸せになってと願うばかりです。

それでは、走っていえ同乗させてもらって
活動してきます

11月12日記帳
寄付者ご芳名
ニシウラヒトミ様・キャロル様 
志を野良猫TNR資金に活用させていただきます
ありがとうございます
現在TNR活動費
221,542円

後日、収支報告をさせていただきます

【名義】にゃん太の会
ゆうちょ銀行
☆記号 :14350 番93908171

☆他の金融機関から
「ゆうちょ銀行」への お振込の場合

店番: 438店名: 四三八(読み ヨンサンハチ)
預金種目: 普通預金
口座番号: 9390817

                 
傷病の猫の為、
一口1000円からのご支援をお願いします


カリンさんのブログ
↓↓↓
名義 【神戸ねこのひかり基金】
(コウベネコノヒカリキキン)
残額125,155円
(11/10現在)

☆ゆうちょ銀行

1.ゆうちょ銀行からのお振込の場合
記号 : 14380 番号 : 81374011

2.他の金融機関から「ゆうちょ銀行」へのお振込の場合
店番: 438
店名: 四三八(読み ヨンサンハチ)
預金種目: 普通預金
【口座番号】8137401

「無償のボランティア」への4件のフィードバック

  1. 皆さん、本当に空いている時間なんてないって
    いつも思ってます・・・
    そこまでしても外猫さんの数が減らないんですよね。
    あと何百匹???じゃ済まないんでしょうけど。
    みんな幸せを掴んで欲しいです。

  2. チケットの話はヤフーニュースになり、多くの猫が救われた話をされていましたよ。
    本当に有り難いですよね。
    無償の奉仕の中には、辛い現実もあるとおもいます。
    私自身も生後2日の子猫を助けてあげられずに、無力さをかんじましたから。
    それでも命の灯火が明るくなれば、嬉しくなり、ご縁が結ばれたら喜ばしいですもんね。
    華さんの優しさに今日も甘えさせてもらっています。

  3. まおまおさんへ

    取り残す・・どうしても出ます。
    そこから、1シーズンで4匹前後生まれして
    野良猫の母猫の子育ての過酷さ
    なんとか負の連鎖を止めなくっちゃと焦ります

    私たちが出動しなくても取り残したのを
    餌やりさんが捕獲してくれる→連絡をくれたら
    病院へ、そんな方が活動してくれ始めました(^_-)-☆

    将来そうなってくれたらエンドレスも減って行きますね

  4. 姫の執事さんへ
    どうぶつ基金さんには
    どんなに助けていただいたか・・

    アルミ缶収益から私たちの感謝を届けていますが
    どうぶつ基金様は全国のTNR応援なので、
    12月〜3月迄は資金枯渇で中止なのです

    仔猫に出会うとほっとけないですよね
    まして乳飲み子・・辛かったですね

    野良猫の子育てはどんなに厳しいことか
    負の連鎖が無くなる日を願うばかりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。