虐待男と煽るヤカラ

駅前を急いでいた時
目の前を横切って行ったキジ猫、
あ、あの子は?

もう半年前になるのでは?
TNR作戦の捕獲器に入ったのは
尻尾をひどいケガをしていた
去勢手術後、断尾手術の治療を施し
もう大丈夫の段階でリリースした子だ!

その後ろ姿を目で追うと
短い尻尾ながらフサフサの毛に
傷はすっかり癒えていると安堵した。


しかし
「オヤ?ビッコを引いているのでは?」
虐待を受けているのではないか
他に傷はないか?
慌てて後を追いかけた。

こんな弱い小さな命に
卑怯な虐待は見えないところで起こる

野良で生きる厳しさにただただ
無事で生きるのだよ、と祈るしかできない

動物愛護法違反の元税理士
大矢誠虐待男に判決が出ましたね

えつ、執行猶予付き?耳を疑いました。
これがニンゲンの所業であろうか

コトバを持たない弱い命をイタブる
「完全にサイコパス人間」
危険極まりない男に執行猶予付きとは・・

それは凄まじい虐待動画という
これが英知を持つニンゲンの所業であろうか
弱い命をイタブるそんな動画などは
ネット配信は絶対に阻止を

大矢誠被告人を煽り、益々動物虐待を
エスカレートさせたヤカラ達をも、
教唆犯などの形で罪を問うの処罰を!

大矢誠被告人に
「実刑」の厳罰をと署名サイトからも
15万筆以上の署名だったというに、
その判決は、到底納得がいかない

コトバを持たない猫や犬は
モノでしかないのですか!

傍聴した杉本彩氏は
「すごく悔しい」「現行法では限界」と。
来年の動物愛護法改正では
厳罰化する必要がある。
凶悪犯罪に重い罰が下されることを心から望む」

この怒りの言葉は
日々を生きるに必死の小さな命達に
「共に生きよう」と手を差し伸べる
活動する仲間たちからも
法改正を強く強く願うばかりの
熱き心が届いた。

「虐待男と煽るヤカラ」への2件のフィードバック

  1. 私は署名する事ぐらいしか出来ませんでしたが、判決を知って驚くとともに呆れました。
    あんな世にも恐ろしい残虐な行為をした大矢誠に執行猶予がつくなんて‼
    22万人ともいわれる署名した人達の想いは無視ですか!?
    本当に、日本死ね!と言いたい気分です。

  2. LONGさんへ

    もうもうもう!と言葉にならない怒り

    これだけの証拠がそろい残虐極まりない現行犯
    さらに
    この大矢をアオル、黒ムツ集団がいるとは
    日本は狂い始めています。

    22万もの署名無視判決なれぞ

    しかしこの署名の力は
    来年の(もうその来年は目の前)
    動物愛護法改正に向けて、
    あんたたち、選挙で落としますよ!議員たちを動かす
    大きな無言の力になってると思います。

    私もこの運動をし始めて、初めて
    猫嫌いよりも猫好き、動物への優しい愛を持った方の方が
    ずっと多いということを、肌で知りました

    猫に餌やるな、その声の大きさのそんなおバカと争いたくないと
    皆様は黙って陰に隠れていただけなんです

    猫嫌いよりも猫好きの方の方がずーっとずーーと多いですよ

    今に見てオレ!と皆さま力をためて、弱いこの無垢な命を
    守ってあげ、美しい日本取り戻しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。