ひと言いいたい

その電話を受けながら
時計を見れば夜の8時過ぎ
みんな夕食後のくつろぎの時間だろうに
運転できるなら自分で駆け付けるが
人に頼らざるを得ない
心苦しさが先に立つ

「仔猫を保護したのですが・・」

「ホローしますからあなたがその
保護家庭をして下さい」
「犬がいるからこまるんです」

「明日まで保護しておいてくれませんか?
あなたも餌やリをしているのですから
それぐらいできるでしょ」
しかし
自分の建前だけ並びたてる

知っておいてくださいね
保護した後は一匹でも家庭の子へと
譲渡会への成立に向けて
それ相当の費用と保護家庭を探さなければ
ならないのですよ」
しかし、肝心のことは
まったく聞いてはいない
とにかく一刻も早く、目の前から消えてほしい
そんな空気が伝えわってくる

が、こちらも畳みかけて強く言う

逃げ腰一辺倒に話しかけても無駄と
分っていてもひと言苦言を呈するのは
いつも命灯を託された者が
なにもかも丸被り、
せめて餌やリをしている方なら
野良猫の置かれている現状を
共に考えてほしい

どれだけ啓蒙チラシを渡しても
肝心かなめの餌やリさんからして
今を逃れられたらよいとしか思っていないのが
哀しい虚しい学びのなさ

メンバーのマザーセンリさんが
車を出してくれ保護した子は


こんな罪のない顔をみれば
怒りも収まり、何も言えなくなる

モモさん宅、譲渡成立したよねと
早速空きに、強制入居(ごめんなさい)

ヤレヤレと思っていると
今度は、近所の子たちが
持ってきたと
別の方からの電話

同じような問答のやり取りが始まる

介護している兄の家に行かなければならない
時間がないと、一方的な苦悩を並べ立て
引き取を余儀なくされた子は
西宮I氏宅へお世話を委託

ここまでたどり着くにはまるでドラマ
スンナリとはいかない命灯を
見守る葛藤の数々は割愛し

ハゲハゲだった頭も綺麗に治り
オハギちゃんと命名されて、
健康診断は問題なしだったね
譲渡会へ向けてレッツゴーだね


こちらのおチビちゃんは
先日のTNR作戦地での出会い

猫好きのそのお宅へ
「仔猫ひらった」と連れ来た人がいるという。
無責任だねと言うも
「自分で面倒みますから」と
受け取った命灯を守るその意思を確認する。

譲渡会へ向けてホロー致します、
一緒に頑張りましょうね

あら、この子エライ右頬が腫れあがっていますね
酷い病気でなければよいが・・・
丁度、アトム君のお見舞いに向かう
マミたぬき&カリンコンビに
K北須磨病院へ連れいくをお願いする
診察結果は
他の猫かに引っかかれて
膿をもっただけとわかりホッ
いずれ
譲渡会へとデビューさせます
カリンさ〜んよろしく

そして、3日間にわたるTNR結果は
14匹捕獲は
オス6匹メス7匹
(一匹はさくら猫でした)
まだまだいる残るさくら猫でない子達を
捕獲すべく餌やりさんが奮闘してくれるを信じ
(過去に実績のある方ゆえ)
手作り捕獲器をお貸しし
一応の作戦終了

病院支払い合計26,244円

M病院様搬入依頼を含む
3日間の交通費合計4,000円
総計30,244円
現在通帳残高
229,306円


にゃん太の会は
皆様のご支援で活動できています。
あったかいご支援に感謝いたします。
【名義】にゃん太の会
ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行からのお振込の場合
1.記号 :14350 番93908171

2.他の金融機関から
「ゆうちょ銀行」への お振込の場合
店番: 438店名: 四三八(読み ヨンサンハチ)
預金種目: 普通預金
口座番号: 9390817